バリフGETのかぎは個人輸入にあり!

バリフは個人輸入から購入する

ED治療薬の中でも人気のバリフ。
そんなバリフを通販から購入しようと考えているのではないでしょうか。

ED治療薬を手に入れる方法というと、おおまかに病院で処方してもらう通販から購入するかの2択になるかと思います。

しかし、バリフは病院から処方はしてもらえず、通販から購入するしかありません。
通販もただの通販ではなく、個人輸入を行っている通販オンリーです。

なぜバリフは個人輸入からしか購入できないのか、また個人輸入をする時に守らなければならないルールはどういったものなのかを見ていきましょう。

バリフは国内からは買えない!?

バリフは国内から購入はできない

バリフは国内での販売は認められておらず、購入ができません。そんなバリフを手に入れるには個人輸入をする必要があります。
なぜ、バリフは国内からではなく海外から個人輸入を行わなければならないのでしょうか。

バリフは国内未承認のED治療薬です。
薬事法では、国内未承認の薬の病院や薬局、ドラッグストア、国内通販での販売を禁止しています。
バリフを国内で販売することができないので、購入することも不可能なのです。

しかし、海外から個人輸入をして購入する場合は販売元が海外になるので薬事法が適応されず、また自分が使用する分だけの医薬品の個人輸入は認められているため、購入することができるのです。

安全な個人輸入にはルール厳守が必須

ルールを守って安全に個人輸入をする

個人輸入を安全に行うためには、決められたルールを守る必要があります。

個人輸入のルール
●すべて自己責任
●輸入品の販売はNG
●輸入品の譲渡はNG
●輸入は決められた量だけ

これらは薬事法などで定められています。
きちんと守り、着実にED治療を行っていきましょう。

情報収集が大事!すべては自己責任

個人輸入は自己判断で行われるものです。
よって、個人輸入の中で起こったトラブルなどはすべて自己責任となり、自分でどうにかするしかありません。

トラブルを回避するためには、事前の情報収集と購入するサイト選びが重要になってきます。
バリフや個人輸入についてきちんと調べて、信頼できるサイトから購入するようにしましょう。

やっちゃダメ!転売行為

転売はしてはダメ

輸入した薬を第3者に販売することは基本的に禁止されています。
薬は事によっては命にかかわります。そういったものを一市民が販売しては危険だということは明白です。
個人輸入をした商品は決して販売しないでください。

まさか優しさが仇に!譲渡もダメ

「個人輸入をしたバリフを、おなじEDに悩んでいる友人に1錠あげた」なんてことを耳にします。
しかし、これはルール違反です。

個人輸入は「個人が自己で使用する分だけ」と決まっています。
よって、個人輸入をして手に入れたバリフを服用できるのは、自分だけになります。
また、友人にあげたバリフで友人が身体を壊してしまった、なんてことがあってはイヤですよね。
トラブルを避けるという意味でも、個人輸入した商品は自分だけで使用しましょう。

大量購入はNG

大量購入はしてはダメ

海外から個人輸入をしてバリフが手に入るからといって、大量に購入してはいけません。
上記の転売や譲渡をする可能性があり、また用法用量で定められている服用方法を超えて服用してしまう可能性があるため、個人輸入で購入できる量には上限があります。

バリフなどの処方せん薬に部類される薬は、1回で輸入できる量は用法用量からみて1ヵ月分とされています。
それ以上の量を購入すると、税関で没収されてしまう恐れがあるので、購入できる量は守るようにしましょう。